パチンコ店の遠隔操作は実在した…

2007年4月神奈川県横浜市にあったパチンコ店「ボナンザ」がパチンコ台に不正に部品を取り付け、自在に大当たりを出せるよう遠隔操作していたとして摘発され関係者2人が風俗営業法違反で逮捕されました。

ボナンザではパチンコ台海物語34台に大当たりを遠隔で操作できるように改造されていました。

ボナンザ関係者は調べに対し事務所のモニターから店内を監視して「店が雇ったサクラや負けの込んだ常連客に大当たりを出していた、大当たりが出る店と思われれば客が集まると思った」と供述していました。

その後、ボナンザのパチンコ機に出玉を調整できる不正な基盤を取り付けた疑いで、プログラマー2人も逮捕されています。

なお、ボナンザは摘発後すぐに廃業届を行政に提出し閉店しました。

遠隔操作は実在した

先に述べたように実際にパチンコ店での遠隔操作は警察によって摘発されたケースが実在しました。また、紹介したボナンザ以外にもパチンコ店が遠隔操作で摘発されている例は存在しています。

では遠隔はどのような方法で操作されていたのでしょうか。

遠隔操作の方法

遠隔装置を導入するには店舗事務所のPCとホール内の遊戯台を配線でつないで双方に遠隔操作を出来る環境を整える必要があります。

事務所の遠隔操作用PCに専用のプログラムをインストールを行い、遊技台側には内部の基盤に遠隔操作用の器具を設置した上でプログラムを改変を行う事になります。

事務所のPCに遠隔操作用のプログラムをインストールする事自体は違法行為にはなりません、しかしご存じの通りパチンコ・パチスロ機は検定が通った後のプログラム改変は認められていません。

レバーの部品一つ変えるのにも警察署への承認が必要だというのに内部の基盤を改造を施すなんて行為は完全に違法行為です。

また遊戯台のプログラム解析は台の演出パターンが多ければ多い程難易度が上がるので、現代の複雑な台の挙動をすべて解析するにはかなりの日数がかかってしまいます。新台入れ替えのペースが早い現状を考えると遠隔の導入を検討する業者は少いかほぼ皆無だといえるでしょう。

遠隔導入にはどの位の費用がかかる?

遠隔操作を導入する費用は1台あたり10万円~30万円が相場価格だとあるサイトで紹介されておりましたが、30万円だとして10台の島に導入しようとすればそれだけで300万円の費用が必要となりますね。

遠隔を設置した10台がどの位売り上げに貢献できるはわかりませんが、稼働が付きそうな中古代の購入を検討した方が採算が合いそうです。

ホルコンとは

ホルコンとはホールコンピューターの略で、ホールコンピューターはホール内の様々なデータを集計して、そのデータを事務所で閲覧する為に設置されているシステムです。

パチンコ・パチスロの台の中には「集中端子盤」と呼ばれる端子盤があり各島内に取り付けられている「P端子」に接続されている、そしてP端子から事務所にホルコンへとつながっていて店内のデータを集計出来る様になっています。

台からは玉を打った時、玉が払いだされた時、大当たりした時、等の差玉データや大当たり回数、回転数等々の様々な情報がホルコンへ送られており、どの台が何回転で当たりどのくらい出たのかは全てホルコンで確認できます。

打ち出された玉数や投入されたメダル数も確認できるので、各台がどのくらいプラスなのか、あるいはマイナスなのか、お店全体でどの位の出玉があったのかなど稼働に関するデータが集約されていて、お店の幹部はホルコンのデータを見て営業方針を決めているのです。

ホルコンで島単位の出玉を調整できる?

ホルコンに予め利益や差玉が設定されそれに向かって各台が調整されているという話を聞いた事がありますが、これはアミューズメント施設にあるメダルゲームにその様なプログラムが使用されている事があるので、そこから来ているのではないかと思われます。

一部のメダルゲームには確率収束機能というシステムが搭載されており搭載されているゲームでは全体のペイアウトを設定する事が可能となります。

それによりプレイヤー全体のペイアウトが設定されている数値に向かって収束していく事になります。

その確率収束機能についてもゲームの設定なので遠隔操作とは違う機能だと言えます。

今も遠隔しているパチンコ店はあるのか

昨今のパチンコ業界では小規模店舗・小規模グループがパチンコ店経営から手を引いて、その店舗を大手グループが買収して運営していくケースが非常に多く見られます。

大手グループの1店舗が遠隔装置を導入して、それが万が一でも警察に見つかり摘発されてしまえばグループ全体の経営が傾きかねませんので、このような大きなパチンコチェーンが遠隔操作を行う事は絶対にありえないと言えるでしょう。

単店経営や小規模グループに関しても近年では経営難で倒産するケースも多いので、年々厳しくなっていく経営の中で遠隔装置導入という莫大なコストをかけてハイリスクな経営をする店舗はほぼ無いと言ってもいいと思います。

しかし実際に摘発されている例がある訳ですから100%ないとは言い切ません。むしろ遠隔操作を導入しているお店があれば実際に行って遊戯をしてみたいものです。

コメント